自律医療のヒント満載のLINE 毎週1通配信中! LINE登録はこちら

武術パンチを使った打撃療法で身体をゆるめる

目次

武術パンチの癒しの効果

こんにちは。なかがわ身体調整館 スタッフTです。

今回は、なかがわ身体調整館の新企画(になるかもしれない)「打撃療法」についてです!


▼ 武術パンチの癒しの効果とは!?

武術の稽古「 排打功 」

武術の稽古の一つに、排打功(はいだこう)というものがあります。

型に則って手と手をぶつけ合うことで、胆力をつけたり相手の正中を感じたりする、奥深い稽古です。

排打功とは、力いっぱい相手を殴りつけるようなものではありません。

柔らかいこぶしで相手の身体の中にエネルギーを通していくことで相手の身体をゆるませることができます。

打撃療法イベント企画中!

そのエネルギーコントロールを治療に使っていこうという【 打撃療法 ★ 排打功祭り!(仮) 】を、ただいま館長が絶賛企画中です!

  • 柔らかいこぶしの作り方とは
  • エネルギーを通す打ち方とは
  • 身体のゆるめ方とは
  • ゆるめて打つ実践稽古

などなどを想定中! (^ p ^)

まだ実現するかどうかは定かでないのですが、ご希望の方が多くいらっしゃればどんどん話が進んでいくことと思います(^ ^)

ご関心がおありの方は、公式LINEアカウントまたはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください!

うまく表現できない身体の違和感を
「不定愁訴」と片付けられてしまったことはありませんか?

  • なんとなく不調を感じる
  • 病院や治療院に行っても「不定愁訴」と言われる
  • 治療で一時的に良くなっても、またすぐ悪くなる
  • どこが悪いのか自分では判断できない

そんなあなたには・・・

身体のエネルギーを調整するなかがわ身体調整館へ

医師や治療家に自分の不調をどう説明すれば良いか、迷ったことはありませんか。

不調を自分で認識できれば、半分治ったも同然です。それがわからないから治療に行くのに、わからないものを説明するのは難しいですよね。

なかがわ身体調整館では、言葉や表現には捉われず、その方の身体のエネルギーを感じ取りながら、最も良いアプローチを行っています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

治療の本質は「自己回復力」。
治療方法は何でも良く、特定の治療方法にこだわる必要もなく、むしろその時・その場・その人に合ったものを提供しないと効果がありません。

12歳から始めたバレーボール、20年以上の治療経験、そして46歳で出会った武学。
これらをすべて融合して、治療家が治すのではなく、その人自身の修復能力が目覚めた結果として身体が改善する治療を行っています。

目次