自律医療のヒント満載のLINE 毎週1通配信中! LINE登録はこちら

スポーツコース

スポーツは、うまい・へた、運動神経がある・ないではなく、誰にも備わっている能力を開花させるものです。
一般的なスポーツでは使っていない能力の要素を上げていくと、スポーツは必ずうまくなります。

身体的な問題と能力的な問題

スポーツには身体的な問題と能力的な問題があります。
身体的な異常があってうまくできていないパターンと、能力が追い付かなくてうまくできていないパターンです。

前者の場合は腱が委縮していたり炎症が起きていたりといった症状があり、その箇所に手をかけてあげることで改善が見込めます。

後者の場合は身体に対する認知度を上げる神経的トレーニングが重要です。
たとえば思ったところにボールが当てられない・投げられないなど、スポーツ上のミスのほとんどの原因は認知度の低下が原因。
意識的にすべての関節・筋肉をコントロールできる状態になれば、ほとんどのミスはなくなります。

連動性を高める

身体の一箇所で動作ができていても意味がありません。
スポーツの能力を上げるためには、トータルの動作、連動性のある動きができるようになるための身体の使い方を、身体に染み込ませていくのが大切です。

どこを起点として身体を使っているかは、動作の種類によっても異なりますし、その人の体型・癖・筋肉の付き方・重心位置などによっても異なります。
ある動作がうまくいかないということは、その動作を起こす「軸」を起点として身体を動かすことができていないということです。

なかがわ身体調整館では、あなただけの「軸」を探します。
その軸に沿ってエネルギーが出せるようになれば、あなたの目指す動作の運動能力が向上します。
施術はその人に合った姿勢で行い、苦手な動作を克服するためのトレーニング方法などもご提案します。

身体のセンサーを敏感にする

一般的な部活動などのスポーツでやることは、主に「筋トレ」と「反射神経の向上」です。
なかがわ身体調整館では、それだけでは培えない「繊細さ」の向上を目指します。
身体のセンサーを敏感にし、身体に対する認知力を隅々まで向上させることで、身体の動かし方からスピード、パワー、コントロール力まで、まんべんなく高めることができます。

このようなトレーニングは、超一流のトップアスリート以外、なかなか行われません。
重要性も認知されておらず、トレーニングできる指導者も少ないからですが、なかがわ身体調整館でぜひ体感してみてください。

武術的な身体の使い方

「無駄のない動き」とは何かというと、筋力で動かす能力ではなく、自分の出せるエネルギーに沿った、身体が求めている動かし方に沿った運動の仕方のことです。

身体能力を競う競技、たとえば100メートル走や幅跳びなどでは筋力のトレーニングが必要ですが、その筋肉を稼働するための効率的な身体のエネルギーの出し方があります。

そのヒントが満載なのが「武術」の動きです。

高齢の武学の達人(見た目は小柄なおじいさん)が、若い大男たちをひょいひょいと倒していくような動画を見たことがないでしょうか?
その動作は明らかに筋力の勝負ではありません。
エネルギーの使い方です。

武術の動きをスポーツに活かすことで、あなたも単なる筋力勝負ではない身体の使い方にステージアップすることができます。

こんな方はぜひスポーツコースにお越しください

  • スポーツがうまくなりたい
  • 故障のない身体の使い方をしたい
  • 競技人生を充実させたい
  • スポーツを通して人生を向上させたい
  • コーチ・指導者としての技術を向上させたい
  • より良い身体の使い方を知りたい
  • 超一流のトップアスリートと同レベルの身体操作スキルを身に着けたい
  • 自分の身体に合わせた自分だけのトレーニングを受けたい
  • 在学中に大会に優勝したい等の目標がある

費用・申込

1回 17,000円×6回

学割あり
学生証の提示で1回 15,000円に割引いたします

申し込み