自律医療のヒント満載のLINE 毎週1通配信中! LINE登録はこちら

首が回らなくなった!原因は本人も気づいていなかった○○でした

目次

首が回らなくなった女性の事例

こんにちは。
なかがわ身体調整館 スタッフTです。

本日は、「突然首が回らなくなった」方の事例をご紹介します。

首の痛みの原因は

30代女性
朝、首が突然痛み出し、回らなくなった。
痛みがひどくなる一方だったため来院。

よくみると、首の痛みの原因は、背中から腰にかけての筋緊張が原因だったようです。

原因はおそらく、スポーツ後のケア不足。

この方は週に3回バレーボールをされているそうですが、スポーツで激しく身体を使った後に身体を整える機会が少なかったようです。

身体の使い方のアドバイスも

治療と並行して、バレーボール中の動作を取ってもらい、身体の使い方を確認します。

同じ身体の動かし方をしていれば、いずれまた同じように背中が張ったり首が痛くなったりするのは当たり前の話ですから、その方にとってより無理のない動き方ができるようになるのがベストです。

今回は、身体が反りすぎていましたので、エネルギーワークをしながら、ボールの打ち方のアドバイスをお伝えしました。

本当の原因はご本人にはわからないことが多い

今回、ご本人には首以外の症状の自覚はなく、背中から腰にかけて張っていることも気づいておられませんでした。

こうした場合、首が痛いという主訴だけを抱えてうかつに病院や治療院にかかると、首を見てもらって「特に問題ありませんね」で終わりということにもなりかねません。

身体のことは、見るべき人が見ないと、当てずっぽうの治療になってしまうのですね。

心身の不調は、様々な分野に及ぶ正確な知識と技術、豊富な経験、そして繊細な感性感覚に基づいたケアを実践するなかがわ身体調整館にご相談ください。

個人セッション体験モニター募集中

なかがわ身体調整館では、中川館長の個人セッションの体験モニターを募集しています!

7月末まで、通常価格7,000円のセッションを、3,000円(60分間)で体験していただけます。

  • 長年くすぶっている身体の痛みや不調
  • なんだかモヤモヤ・スッキリしない心の問題
  • 行き詰まりうまくいかない人生の課題

セッションを通して一緒に紐解いていきましょう。

うまく表現できない身体の違和感を
「不定愁訴」と片付けられてしまったことはありませんか?

  • なんとなく不調を感じる
  • 病院や治療院に行っても「不定愁訴」と言われる
  • 治療で一時的に良くなっても、またすぐ悪くなる
  • どこが悪いのか自分では判断できない

そんなあなたには・・・

身体のエネルギーを調整するなかがわ身体調整館へ

医師や治療家に自分の不調をどう説明すれば良いか、迷ったことはありませんか。

不調を自分で認識できれば、半分治ったも同然です。それがわからないから治療に行くのに、わからないものを説明するのは難しいですよね。

なかがわ身体調整館では、言葉や表現には捉われず、その方の身体のエネルギーを感じ取りながら、最も良いアプローチを行っています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

治療の本質は「自己回復力」。
治療方法は何でも良く、特定の治療方法にこだわる必要もなく、むしろその時・その場・その人に合ったものを提供しないと効果がありません。

12歳から始めたバレーボール、20年以上の治療経験、そして46歳で出会った武学。
これらをすべて融合して、治療家が治すのではなく、その人自身の修復能力が目覚めた結果として身体が改善する治療を行っています。

目次